妊娠したい女性の方も葉酸を摂取すると良い理由

妊娠初期の女性は葉酸を摂らなければならないというのは今や常識ですよね。妊娠したら葉酸を摂るように心がけている人は多いはず。では妊娠前の女性にとっても葉酸を摂取することで、良い効果はあるのでしょうか。実は、妊活中の女性や不妊治療をしている女性にとっても、葉酸は重要な栄養素なのです。

妊活中の女性にとっての葉酸

葉酸には、胎児の先天性異常のリスクを低下させる働きがあることが知られています。
しかし、この効果を最大にするためには、実は妊娠が判明してからの摂取では遅いのです。

効果をしっかり得るためには、葉酸は妊娠前から摂取する必要があります。

妊活中の女性というのは、いつ妊娠するかわからない状態。
しかも妊娠が判明する頃には、妊娠2ヶ月頃になっていることがほとんどですが、特に葉酸が必要なのは妊娠2~3ヶ月頃までです。

また、葉酸を摂り始めてから効果が出るまでには、2~3ヶ月ほどの期間が必要だと言われています。

そのため、妊娠を考えている女性は日頃から葉酸を摂取しておくとよいでしょう。

不妊の女性にとっても必要な葉酸

では、不妊の女性にとって、葉酸を摂取することで、よい効果はあるのでしょうか。
不妊の原因は様々なため、葉酸を摂取すること自体が不妊治療になるわけではありません。

しかし、葉酸を摂取しておくことで、妊娠のためによい体作りができるという効果があります。

例えば、葉酸には造血作用があるため、貧血を防いでくれます。
女性には貧血持ちの人も多いですが、貧血というのは妊娠するためにはあまりよい状態ではありません。
貧血になると冷え症になったり、月経不順などを引き起こす可能性があります。

また、葉酸には、細胞分裂を促進する働きがありますが、その効果は子宮にもよい影響を与えます。
子宮内膜を厚くするなどの効果があるため、受精卵の着床を助けてくれるのです。

妊娠を計画している女性は、妊娠初期と同様、1日あたり400μgの葉酸を摂取することを心がけましょう。