推奨されている葉酸の量とおすすめの食材

葉酸は、妊娠初期には特に重要な栄養素。妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天異常が起こりやすくなることが知られており、厚生労働省からは葉酸の推奨量が出されています。厚生労働省による推奨量はどのくらいになのでしょうか。また、妊娠初期に積極的に摂りたい、葉酸を多く含む食べ物をご紹介しましょう。

厚生労働省が推奨する葉酸の量はどのくらい?

妊娠初期は胎児の細胞分裂や増殖が活発な時期。葉酸は、細胞分裂やDNAの合成を助ける効果があり、妊娠初期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害の発症リスクが高まります。

欧米諸国での研究で、妊娠初期に葉酸を十分な量摂取していれば、神経管閉鎖障害のリスクが大幅に減少することがわかり、2000年に日本でも厚生労働省からの通達がなされました。
厚生労働省からの推奨量は、通常の食事に加えて、栄養補助食品から1日あたり400μgを摂ること、です。

なぜ栄養補助食品からの摂取量を示しているかというと、その理由は葉酸の吸収率の低さにあります。

葉酸は水溶性ビタミンで、食品からは摂取しづらいことが知られています。
そのため、妊娠初期には十分な量を摂りいれるため、栄養補助食品からの推奨量を提示しているのです。

妊娠初期に摂取したい葉酸を多く含む食品

厚生労働省からは、食事とは別に栄養補助食品から葉酸を摂取するよう推奨量が出されています。しかし、サプリメンントなどに頼りすぎるのも考え物。

なるべく妊娠初期は食事にも注意して、食事からも葉酸を摂取したいものです。

葉酸を多く含む食べ物としては、ブロッコリー、ほうれん草、枝豆、いちご、納豆、卵、アボカド等があります。

肉類では鶏レバーなどのレバー類、魚介類ではうなぎなども葉酸の含有量がかなり多いのですが、これらの食品にはビタミンAが多く含まれます。

ビタミンAの過剰摂取には、胎児の催奇形性があると言われているため、あまり大量に摂取するのは望ましくありません。

なるべく野菜や果物から摂取するのがおすすめです。